借金に悩む人

毎日お金の返済のことが頭から離れないという生活は、ストレスがとても大きいです。

お金の悩みのせいで体調を崩したり、家庭が崩壊したりする人もいます。 そんな借金苦から逃れるために、一刻も早く生活の立て直しをしなくてはいけません。

まずは借金の原因を考えよう

借金苦から逃れる対策を考える前に、まずはなぜこのようになってしまったのか原因を探ってみましょう。 元をたどってみると、最初は少額の借入れをしたのが始まりという人も多いものです。

例)
ボーナスで一気に返済するつもりで借りた旅行代金の20万円、しばらく返していたら利用可能額が広がった。 結局完済せずに欲しいものがあるたびに少しずつ借りていたら、いつの間にか100万円にまで借金が膨れ上がってしまった!

ここで早めに気付いて財布のひもを締めて返済に専念すればいいのですが、生活のレベルを落とさずに新たな借り入れをしてしまい、返済に充ててしまう人もいます。 借金を別の金融会社で借り入れたお金で返すような生活を繰り返してしまうと、借金はあっという間に膨れ上がってしまいます。

最初はそれほど大きな借金じゃなくても、お金を借りることに抵抗が無くなってしまったことから第二・第三の借金を繰り返してしまうのです。 さらに大して重要なお金じゃなくても、簡単に借りてしまうようになるわけです。 こうやって自分の返済能力をろくに考えずに借りてしまうと、借金苦に陥ってしまうのです。

自覚をしないと生活の立て直しは難しい

  • 借金のために借金をしている
  • 利用可能額を自分の貯金と勘違いしている
  • ギャンブルやFXなどの軍資金のために借りている
  • お金を借りることに抵抗感はない

これらの項目に当てはまる人は、例え現在返済が苦しいという実感はなくても、そのうち借金苦に陥ってしまう可能性があります。 つまり、借金苦予備軍と呼べる借り方なのです。 このような借り方をしていても、「少しずつしか借りていないのになぜ?」と自覚が足りない人もいます。

とにかく毎月訪れる返済日にお金を返していくのがやっとという状況では、借金苦から逃れることはできません。 なんのために借りた借金が原因なのか、自分のお金の借り方に何か問題は無いのかをよく考えてみましょう。

問題点が見つかればそこを改善するように努めながら、尚且つ返済をし続けなくてはいけません。 そして大事なのが、新たな借金は決してしないという強い決意です。

常に借金状態だと、生活に余裕がないため休日の余暇なども楽しむことができません。 もし、多額の借り入れ金があるなら頭の中はいつもお金の支払いの事で一杯になっている人もいるのではないでしょうか。 そうなると、生きていること自体辛くなってくることでしょう。

現在、借金苦に陥っている方は、原因究明と再発防止について考え、予備軍と考えられる人はお金の借り癖を早急に改めましょう。 これ以上、お金は借りないという気持ちを強く持つことが大切です。

これらのポイントを心に刻みつけ、生活を立て直すための計画を立てていきましょう。

義理の弟が借金に来て困っています

主人の弟は58歳です。 生涯独身を通しています。

しっかりした会社に勤めていたらいいのですが、派遣社員の仕事をしています。 休んだり、仕事に行ったり不安定な生活をしているので、借金をすることが多く借金苦になっています。

主人は長男で実家の跡取り息子です。 親が亡くなって不動産などの財産を相続しています。 義父が亡くなる時に弟のことをよろしく頼むと言われた言葉が今も頭に残っています。 主人も時々弟の行く末を心配しています。

私たちの気持ちを知ってかどうかわかりませんが、弟はよく遊びにやって来ます。 仕事がなくて暇な時に遊びに来る傾向があります。 夕飯を一緒に食べて夜遅く隣町の自宅へ帰って行きます。 この自宅は義父が生前次男に買い与えた住宅です。

弟は仕事がなくて時間を持て余すことが多く、その時は借金苦であるにも拘らずパチンコに行っているようです。 パチンコ屋の駐車場への出入りを何度も見ているので、多分何回も行っているのだと思います。 おそらくパチンコに使うお金だと思うのですが、時々2万円貸してくれ、3万円を借金として貸してくれと言ってやって来ます。

主人が居る時は借金をする理由を聞いて駄目な時は駄目と言っています。 私だけしか居ない時に借金の申し出をされても困ります。 粘ってなかなか帰らないのです。 私も仕事が忙しいので長居されても困ります。

つい財布から1万円だけ出して渡します。 お金ができたらすぐ返しますと言って調子よく帰って行きます。 主人は貸すなよと私に言っているので、内緒で貸しています。

借金の残高は返済が少ないので15万円になっています。 時々早く借金を返してほしいと言ってやるのですが、もう少し待って欲しいの繰り返しです。 此のままではいずれ主人にばれてしまいます。

毎月1万円でも2万円でも借金を返済して欲しいのですが、なかなか実現しません。 金額的には少ないのですが、気になって仕方がありません。 弟は借金苦なので、無理な取り立てもできないし、どうしたらいいのか一人で悩んでいます。 [追記]